手数料でもみるネット証券会社の比較

ネット証券会社は、インターネットでの利用を専門としている証券会社のことです。

ネット証券会社の比較情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

現在では、個人投資家などが気軽に株式投資が行える存在として知られます。
ネット証券会社の最大のポイントとして取引手数料がそれまでの証券会社に比べて安いという点があります。しかし、ネット証券会社でも手数料はまちまちで、それぞれのニーズに合わせて選ぶ必要があります。



ネット証券会社の手数料を比較するさいには取引単位によって見る必要があります。



例えば株価が10万円以下の取引で見れば、松井証券は、1日定額手数料で0円と設定されていますし、通常取引であればカブドットコム証券の90円がもっとも安い手数料になります。

このため低価格の株を取引するのであれば低価格の会社を選ぶ方がメリットがあります。

一方で300万円を超えてくると、また変わってきます。
比較すると高いところでは3000円としているところが多いですが、安いところでは、GMOクリック証券の834円になります。一方でこれら株価に対して連動する取引手数料のほか、1日の取引金額で手数料を設定する1日定額でも手数料が掛かってきます。
10万円以下であれば松井証券の0円ですが、300万円で最安値はGMOクリック証券の1537円になります。
1日定額は手数料が高いものの複数の株を大量に売買しても取引金額に手数料が加算されるため、複数の株を売買する場合には個別に手数料を支払うのと比較して手数料を抑えることができます。